夏休み

明日から1週間夏休みをいただいています。

前後の土日と合せると9日間と長きにわたる夏休み・・・

20日から通常通りです。

m(_ _)m

夏期休診のお知らせ

 

暑い!

Hot_Japan.jpg

暑い!

ホントに暑い!

 

『8月第1週は猛烈な暑さにご用心〜』なんて天気予報で言っていたが、今からこの暑さなのにさらに暑いのかと想像しただけでクラクラしてくる・・・

くれぐれも脱水・熱中症にはご注意を。

 

 

ice.jpg

 石井さん、ラッキー♪

 

鎌倉

先日鎌倉へ行ってきた。

(先日と言っても実は6月下旬なのだが・・・^^;)

 

大仏

 

大仏

 

 

長谷寺のあじさいが有名なのは知っていたが、6月の鎌倉がこれほど大混雑なのは知らなかった。

どこもかしこも、ひと、ヒト、人で、ものすごい賑わいだった。

で、長谷寺はなんと!90分待ちの札が掲げられていて、地元の人に勧められた成就院へ目的地を変更し無事あじさい見物を済ませた。

 

力餅

 最後の1個だった!

 

成就院

もちろんこちらだって大混雑・・・

 

あじさい

 

 

話しは変わるが、世間では大コケの評価の大河ドラマ『平清盛』だが、実は密かに楽しみにして観ている。

先日、平治の乱ののち捕らえられた源頼朝が沙汰を下される回が放映されたが、その中で清盛の息子の平宗盛と源頼朝とが対面し、宗盛が頼朝を罵倒するシーンがあった。

実はこの二人ほぼ同年代で、この時は頼朝が逆賊で囚われの身なのだが、後の壇ノ浦で死にきれなかった宗盛はとらえられ鎌倉へ送られ、逆の立場で頼朝と対面し斬首されている。

さて、そのシーンは放映されるのだろうか・・・

1周年

 

当院のマークをかたどったハート型クッキー(^^)

 

 

早いもので当クリニックは去年の5月12日にスタートして1年が過ぎました。

おかげさまで大きなトラブルもなく、無事1年を過ごすことが出来まして、誠にありがとうございます。

さて、1年たちよくあるお問い合わせについてまとめてみたいと思います。

 

 

問)受診するに当たって予約は必要なのか?

答)予約はなくても大丈夫です。ただ、予約の患者さまが優先となりますので、混雑しているときは少々お待たせするかもしれません。

 


問)ワクチンはすぐ打てるのか?

答)ワクチンは『生もの』ですので、基本的に在庫はしておらずご予約をいただいた時点で発注します。ですので恐れ入りますがワクチン接種をご希望の方は前もってご連絡をお願いします。納期については、現在A型肝炎ワクチンのみ若干時間がかかりますが、だいたい1-3営業日程度で入荷します。

 


問)インフルエンザワクチンは予約できないの?

答)昨シーズンは先着順で接種を行いましたが、今シーズンは予約も組み合わせて行うことを考えています。接種時期前に改めて告知いたします。

 


問)住民検診は受けられないのか?

答)受けられます!今年からは国保の方だけでなく社保の方も大丈夫です。詳しくはお問い合わせください。

 

 

問)心臓疾患以外も診て貰えるのか?

答)もちろん診察します。風邪・花粉症から気管支喘息、急性胃腸炎など全ての内科疾患に対応しております。

 

 

問)睡眠時無呼吸症候群じゃないか心配なんだが、調べて貰えるか?

答)最近特にお問い合わせが多いのが、『睡眠時無呼吸症候群』についてです。睡眠中のいびきや呼吸停止を家族に指摘されたり、日中の眠気が極端に強ければ睡眠時無呼吸症候群が疑われます。『睡眠時無呼吸症候群』は眠気による交通事故が有名ですが、心肺系に与える影響が大きく、脳卒中・心筋梗塞などの心血管疾患や不整脈を引き起こします。当院では自宅で行える睡眠簡易検査を行っております。予約・診察が必要ですので、心当たりがあってご心配な方は遠慮なくご相談ください。

 

 

いずれにしろホームページからメールでの問い合わせが出来ます。連絡をいただいてから出来るだけ当日中、遅くとも翌日には返信を致しますので、何かございましたらどうぞご相談をお願いします。

 

これからもどうぞよろしくお願いします m(_ _)m

 

 

久々の(物欲)更新

かなり久々の更新になってしまった・・・

 

3月4月と何かとドタバタしており、気づいたらGWに突入していた。

忙しいはずなのに、何の気なしにAmazonからのダイレクトメールをクリック、気づいたらポチしてしまったのがコレ↓↓

 

OLYMPUS E-PL2

 

イヤ、確かに安いけど別に必要ないな〜、あっ、でも普段撮りのスナップカメラはもう4-5年前のだからそろそろ引退かな〜、イヤイヤでも今はiPhoneで十分だったなー、それにしても安いな〜

なんて押し問答の末、気づいたらポチしてました(^^;)

ポチしたら翌日には届いてた!はやっ!

 

 

このカメラ、アートフィルターがなかなか楽しい。

iPhoneのアプリでも出来るんだけど、加工に一手間が必要なのに対して、これは撮ったその場ですぐ確認出来るのでお気軽に楽しめる。

 

ドラマチックトーン

ジオラマ

 

ただ、RAW+JPEGでは保存にちょっと待たされるのが難点かな。

しかし、コレ買った以上はPanaの20mm/F1.7パンケーキもポチってしまいそう・・・

 

 

さて、GW後半、やっと晴れてきましたね〜。(^^)

 

 

一年

ずいぶん久しぶりの更新となってしまった・・・

 

 

早いものであれからちょうど一年がたつ。

現地の凄惨な状況をTVやWebでしか見聞きしていない私には、日常に埋もれて徐々に過去の出来事のような気になってくるが、決してまだ過去ではない。

現在も多くの人達が向き合って対峙しているんだと一年たち、改めて思い知らされる。

 

亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

                                     2012年3月11日

 

 

インフルエンザ流行

インフルエンザが先週頭から猛威を振るい、まさに大流行である。

 

先々週までは、小児では既にかなり流行していたようだが、成人はまだせいぜい日に2-3人程度の受診者だった。

(当院は基本的に小児は来院しないのであまりインフルの影響がなかった)

それが今週になって成人の感染者が猛烈に増加し、当院でも開設以来初めてのインフルエンザの流行を迎えた。

 

どうやら今年の流行はA香港型らしく、5季ぶりの流行らしい。

5季ぶりの流行となると十分な免疫を持たない子供も多くいると思われ、さらに感染が拡大しそうで心配だ。

それと、当院の状況として比較的B型の発症者もチラホラ見受けられ、例年よりB型の流行も早いのかもしれない。

 

インフルエンザに感染しないためには何より感染予防対策、 マスク・うがい・手洗い を徹底的に行うこと!

健康管理に十分努めましょう!

 

 

雪!

20120124_03.jpg

 

さすが天気予報は外さない・・・

 

ニュースの通り昨晩は雪が降ったわけだが、幕張は都心に比べると降雪が少なかったのだろう。

朝には日が当たっているところは路面は乾いていて、日陰も凍結、というほどのことはなかった。

それでも慣れない雪に交通機関は混乱していて、院長も特急の中で缶詰状態で9時に間に合わず、道路もノロノロ渋滞だったようで、看護師も遅刻した。

20120124_01.jpg

20120124_02.jpg

 

幸い自転車通勤の身としては、いつも通り家を出ていつも通りクリニックに到着。

こういう時は職場が近いのはホントにありがたい。

 

 

 

千葉マリンマラソン

今日は雨。

そしてメチャメチャ寒い!

 

残念な気分のままトボトボ歩いて向かった先はQVCマリンフィールド。

そう、今日は 千葉マリンマラソン の日なのだ。

それにしても相変わらずスゴい人・ひと・ヒト・・・

MarineMarathon01.jpg

 

ハーフマラソンは初のエントリーで、練習でも21.0975キロなんて走ったことがない。

今日は記念すべきハーフデビューなのに。。

それなのにこの天気・・・

MarineMarathon02.jpg

  APAホテル幕張がかすんで見えない・・・

 

いやー、ホントに寒かった!

スタート時点こそパラパラ程度だった雨は途中からミゾレ交じりの本降りに変わり、寒さで手足の感覚なし!

しかも8キロ地点辺りでiPodの調子が悪くなり、音楽もLapも聞こえなくなるトラブルに見舞われるし。。

 

それでも無事に完走〜!

 

ハーフを走ってみて思ったのは、週1のランニングでは完走するのが精一杯。

「自己ベスト更新!」とかそういう次元ではない。

やっぱり走る回数を増やさないとな〜

 

それともう一つ。

ゴルフ場みたいに走ったあとに 大浴場 で手足伸ばしてゆっくりつかりたい!

あ、でもこれは今日が寒かったからか(^_^;)

 

MarineMarathon03.jpg

  完走証と参加賞♪

 

次は3月の 千葉県民マラソン のハーフ。

こちらは何やら毎年天気がイマイチらしい。

何だかイヤな予感が・・・

 

 

 

花粉症

まだインフルエンザの流行のピークを迎えていないなか気の早い話のようですが、今シーズンの花粉予報が既に発表されています。

 

日本気象協会による花粉飛散予測によると、

 

「飛散量は昨シーズンより少ないものの例年並み、飛散開始時期は例年と同様かやや遅めの見込み」

 

 

 

ホームページから勝手に図を拝借すると、千葉近辺は2/15頃には飛び始め、量は例年並みと言うことらしい。

sugikafun2011_01yoko[1].jpg

kafun_toburyou_yoko[1].jpg

リンク先: 日本気象協会 2012年春の花粉飛散予測(第2報)

 

 

個人的には眠くならない抗ヒスタミン薬と1日1回使用のステロイド点鼻薬の登場でずいぶん楽になったな。

皆さん、3-4月の憂鬱なシーズンに向けて早めの準備をおすすめしますよ〜

 

 

 

明けましておめでとうございます。

NewYear.jpg

 

明けましておめでとうございます。

と言っても既に1週間以上たっていますが・・・(^_^;

 

今年もよろしくお願いいたします。

インフルエンザ

寒さが本格化し空気もかなり乾燥してきたのにつれて、インフルエンザの流行の兆しが見え始めてきました。

ポツポツ感染者が出始めていますので、うがい・マスク・手洗いなど感染予防をしっかり行って十分注意してください。

 

↓は、2010年度のインフルエンザ(新型・A型・B型)の各時期の流行状況のグラフです。

これを見ると流行のピークが1月下旬と3月中旬の2回あるのがわかりますが、各亜型によって流行の時期が違うのは興味深いです。

不幸なことに2回感染することもあり得ますので、今から4月いっぱいまでは要注意期間です!

 

Ful.png

 

 

若干タイムラグがありますが、国立感染症研究所 感染情報センターのホームページで流行状況が確認できます。

 

国立感染症研究所 感染情報センター

 

 

*追記:今日(16日)、厚生労働省がインフルエンザの「流行入り」を発表しましたね。

 

 

 

皆既月食

幻想的な冬の夜の天体ショー、カメラと三脚を引っ張り出してきて撮ってきました。

はじめは雲が立ちこめていたのが、一番の佳境の頃には雲もかからず、普段の幕張の夜空では見えない程の数多くの星が瞬いていた。

 

 欠け始め。まだ辺りはかなり明るい

 

 だいぶ欠けてきた

 

 皆既月食キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

 

 

 

 

次の月食は2012年6月に見られるようだ。

ただし部分月食のようである・・・

 

 

 

 

ABO血液型と脳卒中

 

性格判断などでよく話題になる血液型だが、ある血液型のヒトほど脳卒中リスクが高い、なんていうちょっと気になる疫学研究結果が最近発表された。

 

2011年の米国心臓協会学術集会で発表されたもので、米国の女性看護師61973人、男性看護師27808人と合わせて10万人規模とかなり大規模なコホート研究だ。

解析内容はABO血液型と脳卒中リスクとの関連だが、AB型のヒトは男女とも虚血性脳卒中のリスクが29%上昇していた、というものだ。

AHA.png

http://newsroom.heart.org/pr/aha/wednesday-news-tips-nov-16-2011-218042.aspx

↑のうち、Abstract 16887

 

「血液型は変えられないけど、AB型のヒトは他の危険因子を有していないか確認して、より積極的に健康的なライフスタイルに切り替えるよう勧める。」と研究者は結んでいる。

 

AB型のヒトには気になる結果だが、どの血液型のヒトも脳卒中リスク、特に年末年始は忘年会・新年会と飲酒・食事内容が乱れがちなので十分ご注意を。

 

 

ニューリバーロードレース

冬晴れの中、走ってきましたよ〜15Kmダッシュ(走り出すさま)

八千代総合運動公園から新川沿いを走る平坦なコースで、強風がちょっとキツかった〜。

newriver01.jpg

 

newriver02.jpg

 

最近はiPhoneのRunKeeperというアプリをランニングのお供にしているのだが、レース中も使ってみた。

このアプリ、GPSを用いて走行した軌跡をGoogle map上に表示するのだが、それ以外にも5分おきに走行距離、1Km当たりにかかった時間を音声で知らせてくれる。

Lapを音声で知らせてくれるのはありがたい。

それにGPSの精度は今のところ屋外で使う分には全く問題ない。

 

問題はランニングを終えた時点でiPhoneを操作してRunKeeperを終了させる操作かな。

レースの時はゴール直後にはそんな余裕はなく、うっかり忘れてしまった。

 

RunKeeper

 

 

 

AGAとは?

 

 

以前Blogの記事にしたが、とある方面から「AGAとはなんぞや!?」とご指摘を受けたので、ちょっとばかり追記を…

 

aga_click.png

爆笑問題のTVCMや、こちらのリンクバナーは見覚えがあるのではないでしょうか?

 

AGAとは、"Androgenetic Alopecia" の略で、意味は「男性型脱毛症」

 世の成人男性の悩みの種である、“額の生え際の後退”や“頭頂部が薄くなる”と言うのが男性型脱毛症(AGA)である。

 

髪の毛には寿命があって、成長期→退行期→休止期→成長期と伸びては抜け、また新しい毛が生えるということを繰り返しているが、これをヘアサイクルと呼ぶ。

 AGAは、ヘアサイクルの成長期が短くなってしまうのが特徴で、これは男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)の増加が原因の1つであることがわかってきた。

 このDHTを阻害する内服薬(プロペシア)が開発されたことで、従来の育毛剤治療だけでは得られなかった“改善効果”が期待できるようになった。

 

 hcycle2.gif

  hcycle.gif

 

 

また従来からあるローションタイプの育毛剤もかなり進化しており、有効性がしっかり確認されている。

 

育毛剤のミノキシジルの高濃度版(リアップX5)が日本国内でも発売されており、プロペシアとの効果の比較が気になるところだが、海外の臨床試験ではプロペシアの方がやや有利だったようだ。

ただ、個人差もあり効果を実感できる方を用いられるのが宜しいかと。

 ちなみに日本皮膚科学会の『脱毛症ガイドライン』によれば、この両者とも推奨度Aランクとなっていて、作用機序が違うので両者併用も全く問題ない。

 

リアップX5については薬局に出向けば購入可能だが、プロペシアは医師の処方箋が必要なため医師の診察が必要となる。

 

気になる方、プロペシアの処方を希望される方はメール または電話にてお問い合わせ下さい。

 

 

ちょっと古いが、なかなかわかりやすい記事を見つけたので、ご参考までに

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20090619/1027147/?ST=life&P=1 

 

MSDによるAGA特集ページ

 http://aga-news.jp/index.html

 

 

 

秋晴れ

早いものでもう11月、昼間はともかく朝晩はずいぶん冷え込んできた。

最近は喉の痛みとしつこい咳のカゼが流行っているので、十分気をつけてお過ごし下さいませ。

20111102_03.jpg

20111102_04.jpg

 

震災でデコボコになった幕張海浜公園の歩道の補修工事を行っている。

意外とあっという間にキレイになっていて慌てて写真に納めたが、工事が終わったら跡形もなく補修されてしまいそう・・・

(あっ、いや、キレイになるのがイヤという訳じゃありませんよ、念のため・・・)

20111102_01.jpg

20111102_02.jpg

 

 

 

iPhone 4S

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

iphone.jpg

 

7日の予約開始日の18時過ぎ、仕事帰りにお隣の「auショップ海浜幕張」で予約。

発売開始日の前日13日の19時半頃に電話があり14日の午後ゲットしてきました。

 

個人的にau以外のキャリアへの転出が難しい中、auからリリースしてくれただけでも文句のつけようがない。

でかしたぞ、au !!

が、やはりというかまだまだ不便な点が多々あります。

 

  • キャリアメール(@ezweb.ne.jp)がプッシュ対応ではない

これはおそらく今後解決されるのでしょう。

デコメールも使いこなせないしキャリアメールへの依存度は決して高くないですが、使わないこともない。

そうするとなるべく早くケータイと同じようにリアルタイムで受信できるようになって欲しいですな。

  • おサイフケータイが使えない

これはかなりイタい・・・

コンビニでのedyや滅多に乗らないけど電車・バスに乗ったときのSuicaは一度経験してしまうと手放せない。

実をいうと、Xperia acroのキャリアメール対応をずっと待ってたらiPhoneがauから発売されたのだった。

これについては、edyはともかくモバイルSuicaはあきらめて普通にSuicaを使おうと思う。

 

これ以外にもフリック入力にATOKが使えなかったり、マッシュルーム対応じゃなかったり(当たり前か)、絵文字がauケータイに送っても文字化けしてしまうとか・・・

それでも、今まで蚊帳の外状態だったauから転出しないでiPhoneが使えるようになったわけだからね。

 

「Nike +GPS」とか、「GOLFな日」だとか、試してみたら報告しようと思います。

 

 

 

Stay Hungry. Stay Foolish.

SteveJobs.png

 

享年56歳

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

下北沢で阿波踊り??

明日までの個展ですが、最近の若者はパワーがある気がします・・・

美味しそうな素敵な写真でした。

20111001_02.jpg

20111001_03.jpg

20111001_04.jpg

 

 

ところで、下北沢は阿波踊りと何か関係あるのでしょうか?

20111001_01.jpg

 

 

 

インフルエンザ Q&A

今年も早いものでインフルエンザワクチン接種の季節になりました。

昨年度と同様、今年度のワクチンも新型・A型・B型の3種が1本にまとまった3価のワクチンであるので1回の接種でOKです。

 

そこで毎年よく聞かれるインフルエンザワクチンについての質問をQ&A方式でまとめてみました。


Q1. そもそもインフルエンザワクチン接種って効果あるの?

A) もちろん効果があるから勧めるわけですが・・・(^_^;)

ワクチンを接種したのに感染してしまうこともあって、効果に疑問を持っている人もいるんじゃないかと思いますが、有効性は確立しています。具体的には以下の3つの効果が知られています。

  • インフルエンザ感染予防:おおよそ60%の有効性(100%ではない)
  • インフルエンザ感染時の重症化予防
  • 集団免疫効果

3番目の「集団免疫効果」というのは、みんなでワクチン接種を受けると感染しない人が増え、結果周りの人も感染機会が減ることによって感染しにくくなるということ。

例えば、家族の中に高齢者や乳幼児などインフルエンザに感染させたくない人がいた場合、家族全員でワクチン接種を受けて、家族がインフルエンザに感染しないようにすることで、感染させたくない人への感染リスクを減らすという効果。自分がインフルエンザに感染しないことが周りの人を守ることにつながるのです。

 

Q2. 毎年接種した方がいいの?

A) 毎年流行予想株が異なること、ワクチン免疫の持続期間が短い(6-8ヶ月)ことから毎年接種する必要がある。


Q3. 1回接種でOK?それとも2回接種した方がいい?

A) 厚生科学研究「インフルエンザワクチンの効果に関する研究」によると、65歳以上の高齢者では1回接種で重症化予防、インフルエンザによる死亡予防効果が検証されており、1回接種が推奨されている。成人に関しても同様と考えられている。


Q4. では、小児では?

A) 日本では従来小児へのワクチン摂取量が世界標準に比べて少なめに設定されていたが、今年度から世界標準に合わせることになった。

世界的には10歳未満の子供が初めてワクチン接種を受けるときは2回、翌シーズンからは1回接種となっているようだ。

今後日本でも接種回数の見直しが検討されるものと思われるが、少なくとも今年度に関しては従来通り13歳未満の小児では2回接種が推奨されている。


Q5. 妊婦は?

妊娠中は免疫機構を抑制している影響で、妊婦のインフルエンザ感染症は重症化する傾向にあるため積極的な接種が推奨されている。

また妊婦のワクチン接種は、インフルエンザに感染しても重症化を防ぐ点以外にも、母体の免疫獲得により胎盤を介して胎児へも抗体が移行するため、出生後の乳児の感染防御・重症化予防のメリットがあると言われている。

さらに懸念される接種による流産・早産・胎児発育異常・奇形などのリスクの増大も認められない。

 

Q6. 接種するのはいつ頃がいい?

A) ワクチン接種後に免疫を獲得するのに最低2週間、ワクチン抗体価が持続するのが接種後だいたい6-8ヶ月といわれており、インフルエンザ流行シーズンが毎年12月下旬〜4月上旬、特にピークが1月下旬〜3月上旬と考えると、最も適した時期は10-11月頃と思われる。

 

 

以上、参考になったでしょうか?

幕張ハートクリニックでは予約は特にお取りしませんが、ご不明な点や在庫の確認など何かあればお電話にてお問い合わせ願います。

 

 

シーズン到来

だいぶ涼しくなってきましたね。

秋分の日を過ぎると日が沈むのもあっという間。

 

 

KNM01.jpg

 ↑↑ 今日ポストに届いてた ↑↑

 

そろそろ準備しないと・・・

 

 

 

食欲の秋

先週は残暑厳しく、夏に逆戻り!?っていうくらいの暑さで、熱中症の事故もずいぶん報道されましたが、今週は台風の影響か一転雨が続くようです。

気温の変化も大きいのでくれぐれも風邪など引きませんよう気をつけてお過ごし下さい。

 

それにしても今度の台風、沖縄上空で迷走したかと思いきや、日本列島に沿って北上するとは甚だ迷惑なヤツですな。

紀伊半島のせき止め湖、心配です・・・

 

 

 

20110918_03.jpg

20110918_02.jpg

今年は例年より遅いようで、まだ間に合うみたいです。

 

 

SNS

 

Twitter.png  facebook.png

 

 

今更ながら、とあるサービスを利用するためにtwitterのアカウントを取得した。

何気ないつぶやきが社会現象を引き起こしたり、つぶやいた個人が特定され晒されたりと、最近は負の側面が目立ち始めたtwitterだが、正直個人レベルでの使い道がよくわからない。

 

リテラシーやスキルの問題と言われればそれまでなのかもしれないが、例えば会社や組織、もしくは公人レベルでの活用は何となく理解できる。

幕張ハートクリニックであれば、「今日のインフルエンザワクチンの在庫があと10人分です。」とか、「現在大変混み合ってます。」とか、この手のつぶやきは情報も新しくツイートしている人にも役に立つ(気がする)。

 

しかし先日元同僚にFacebookのアカウントを取得しろと勧められた。

実名登録制でしかも個人情報の登録も必要なFacebook、twitter以上に??だ。

Facebookで何が出来るかサッパリわかっていない状況で、どうやらtwitterみたいにつぶやくわけでもなく、Blogのような日記でもないようだ。

mixiは一時期利用していたが、元々交遊関係が広いわけでなく、メリットが見いだせずめんどくさくなって止めてしまったんだが、そのmixiのようなモノか?

 

ただ、個人での利用は??でも企業・組織での利用にメリットがあるのであれば活用してみたい。

今は恥ずかしい限りの幕張ハートクリニックのホームページだが、そのうち「いいね!」ボタンや「Follow me」バッチが付くようになるかもしれません・・・

 

 

AGA外来

 

alopecia_img_002.gif

 

当院では男性型脱毛症の治療薬である「プロペシア」を扱っています。

 

非常に有効性の高い薬剤で、その分使用している方の満足度も高いのが特徴です。

作用機序は、男性型脱毛症の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)を産生する5α-還元酵素を阻害することで抜け毛の進行抑制・改善効果を発揮します。

 

プロペシアは保険診療ではなく自由診療となります。

院内処方ですのでその場でお渡しできます。

 

稀に肝機能障害を起こすことがありますので、処方を希望される方は最近半年以内に行った血液検査結果(例えば健康診断結果)を初回受診時に持参してください。

場合によっては内服後血液検査をお願いすることがあります。

 

  • プロペシア 1mg 28錠 7350円
  • 初診料 3150円
  • 再診料 2100円

 

処方を希望される方はお問合わせフォームよりご連絡願います。

その他何かご不明な点があってご相談なさりたい方もお問合わせください。

確認次第、折り返しご返答いたします。

 

 

チョコレートと心臓病

チョコ好きの方にはちょっといい話かもしれない。

 

最近送られてきた医療系DMに気になる記事があったので紹介します。

8月にフランスで行われた欧州心臓病学会(ESC2011)で、「チョコを食べる人ほど心臓病になりにくい」なんていう発表があった。

  • 「チョコレート消費量の多い人は心血管疾患のリスクが4割低下」

http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtpronews/1108/1108086.html

  • 「ダークチョコレートに心代謝障害の発症リスクを減少させる効果が示唆」

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/esc2011/201109/521366.html

 

要は過去の複数の研究のメタ解析を行ったところ、チョコの消費が多いグループは少ないグループに比べて脳卒中を含めた全心血管疾患リスクが有意に低かったのだ。

 

以前よりチョコレートの原材料であるカカオ豆にはポリフェノールなど抗酸化物質が多く含まれ、降圧作用があることが知られていた……らしい。←知りませんでした (^_^;)


ただし、当然といえば当然ですが、いずれの記事も、「ミルクチョコレートには糖や脂肪が多く含まれるために長期的にはチョコレートの摂取が利益をもたらすかは不明であるとして、安易にチョコレート摂取を勧めるべきではない。」と結んでいる。

 

 

糖分や脂肪の少ないビターチョコレートを毎日チビリチビリとやるのは結構いいのかも・・・

 

 

 

鎌倉 Mother's Cafe

 

MC01.jpg

 

鎌倉駅から若宮大路を由比ヶ浜方面に進み、突き当たりの手前で路地に入る。

すると鎌倉の街の喧騒がウソのような、静かな落ち着いた佇まいのなかにそのカフェはあった。

 

なんとオープンは当院の開院とほぼ同じ時期!

妙に親近感が沸くそのカフェは、まだオープン間もないのでガイドブックにも載っていない。

穴場中の穴場なのだ。

 

MC03.jpg

MC05.jpg

MC04.jpg

 オープンテラスはもちろんワンコOK〜

 


お薦めは自家製ケーキ(上品な味です!)とちょっと変わった「パン de ハヤシ」だそうで、鎌倉散策に行かれた際には散策の足休めに是非お薦めする、素敵なお店でした〜。

 

 MC02.jpg

  お薦めの「パン de ハヤシ」♪

 

 

Mother's Cafe

鎌倉市由比ガ浜4-3-18-A102

TEL 0467(67)6150

Open 11:00-19:00

(定休日は火・水だそうです)

 


大きな地図で見る

 

 

 

残暑お見舞い申し上げます

 

この夏休みは本当にノンビリ過ごした。

特別何をするわけでもなく、したことといえば親父と弟と早朝ゴルフに行ったくらい。

ただ連日の猛暑はかなり厳しいものがあったようで、消防庁の発表では8/8〜14の1週間で熱中症で搬送された人は全国で7071人と今年最悪であったようだ。

このうち15人の方が亡くなられて、7071人中65歳以上の方が44%を占めるそうだ。

まさに殺人的な暑さだが、どうやらピークは越したらしい。(ホントかな??)

しかしまだまだ厳しい残暑が続くと思われ、皆さん引き続き熱中症対策を怠ることなく、厳重に注意してお過ごし下さいませ。

 

 

*幕張ハートクリニックは来週8/22(月)より通常通り再開します。

ご不自由をおかけして申し訳ありませんでしたが、お休みを頂きおかげさまでリフレッシュが出来ました。

 

 

 

肺炎球菌ワクチン

何かと忙しくて久しぶりの更新になってしまった・・・

 

まずは本日8月13日から8月21日まで夏休みを頂いております。

恐れ入りますがこの間幕張ハートクリニックは休診となります。

通常通りの診療は8月22日より行いますので、ご不便をおかけしますがよろしくお願いします。

 

 

今回は肺炎球菌ワクチンについてだ。

 

 nakao_akira.jpg

 

ご存じかもしれないが、肺炎は未だ日本人の死因の第4位、年間10万人以上の方が肺炎で亡くなられる。

特に高齢の方ほどそのリスクが高く、亡くなられる方の実に9割以上が65歳以上の高齢者が占めている。

そのうち特に重大なのが“肺炎球菌”という細菌によって引き起こされる肺炎で、肺炎全体の約3割を占め、しかも肺炎球菌は重症に陥りやすく高齢者には特に危険な感染症であるのだ。

(インフルエンザ後の2次感染でもしばしば問題になっている)

 

この肺炎球菌による肺炎を予防するのが肺炎球菌ワクチンである。

成人向けの肺炎球菌ワクチンは23価型の「ニューモバックス」という製品で、特に成人で感染することの多い23種類の肺炎球菌の型を網羅している。

有効性が高く、予防接種としては欧米では以前より普及している肺炎球菌ワクチンだが、日本ではこれまであまり話題に上がらなかった。(唯一新型インフルエンザ騒動の時に少々話題に上がったが・・・)

このワクチンは接種後5年間は有効性が持続するのだが、日本では2年前まで再接種が認められておらず、そのため接種するタイミングが難しくなかなか普及しなかった。

現在では日本でも再接種が認められ、接種後5年が経過すれば再度接種することが出来るようになり、ハイリスクとされる以下の方々には接種をお勧めしている。

  • 65歳以上の高齢者
  • COPDなど慢性呼吸器疾患をお持ちの方
  • 心臓疾患の既往のある方
  • 糖尿病の方
  • 腎臓や肝臓の機能の悪い方
  • 脾臓を摘出している方(保険がききます)
  • 養護老人ホームや長期療養施設に入所している方

 

詳しくは「肺炎予防推進プロジェクト」というサイトがあるので目を通されるのをお薦めする。

banner_468x60[1].gif

 

 

今お盆休みで帰省中の方もいらっしゃるだろうが、田舎のご両親への接種を近隣の医療機関にご相談されては如何だろう。

 

 

ピオグリタゾンと膀胱がん

既にご存じの方も、不安になって医療機関に問い合わせた方もいるかもしれない、そんな話題について…

 

糖尿病治療薬のピオグリタゾン(国内販売名アクトス)という薬剤が今、揉めている。

 

6月9日フランス医薬品庁が糖尿病治療薬ピオグリタゾンが男性の膀胱がんリスク上昇に関連があるとしてフランス国内での使用中止を決定したからだ。


これはフランス国内での2006-2009年の糖尿病患者約150万人を対象としたレトロスペクティブなコホート研究の結果より、膀胱がんの発症リスクが他の糖尿病治療薬に比べピオグリタゾンで有意に上昇していると判定されたためだ。(ただし男性のみ)

 

ピオグリタゾンにおける膀胱がんの発症リスクについては、大規模臨床試験でも有意では無いものの膀胱がんの増加傾向が示されたこともあって、各国でピオグリタゾン使用患者における膀胱がんの発症率を検討する疫学試験が検討されていたようだ。

 

米食品医薬品局(FDA)は米国国内での疫学研究で、10年間の試験期間のうち5年時点での中間報告でピオグリタゾン内服患者での有意な膀胱がんの増加は認められていないとして、現時点ではピオグリタゾンの使用制限を行っていない。

欧州医薬品庁(EMA)も同様に制限を設けておらず、ピオグリタゾンのベネフィットとリスクについて検討中とある。

 

 

ピオグリタゾンはインスリン抵抗性改善薬の範疇に入る薬剤だが、数ある経口糖尿病治療薬のなかで初めて、大規模臨床試験で2型糖尿病患者での心筋梗塞や脳卒中などの心血管イベントの進展を抑制した。(PROactive試験:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=Lancet%202005%2C%20366%2C%201279-1289 心血管イベント・総死亡を有意に低下)

 

また、同じインスリン抵抗性改善薬であり、心血管イベント抑制のエビデンスを有するビグアナイド系薬は造影剤使用に制限があるため、緊急の血管造影を行う可能性のある循環器内科医には使いにくい薬剤であるのに対し、特に女性で水・Naの貯留による浮腫や心不全などが主な副作用であるピオグリタゾンは、予見も調整もしやすく他の糖尿病治療薬より使いやすい薬剤であった。

 

よって男性限定とは言え膀胱がんの発症リスクについては今後の疫学調査の結果が非常に気がかりである。

 

少なくとも現時点では以下のように考えている。

(もちろん新しい情報が入ればこの限りではないのだが・・・)

  • 女性に関しては全く心配はないのでこれまで通り継続投与
  • 男性に関しては膀胱がんの既往のある人は原則中止、血尿を認めた場合は中止の上精査、それ以外はベネフィットを優先し継続投与とし今後の調査報告を待つ

 

非常に有益で良い薬なだけに、長期使用調査の結果が良いことを期待している・・・

 

 

 

▲このページのトップに戻る